【nelco】(ネルコ)

ロックバンド、マーガレットズロースの平井正也と手芸家の妻、ゆみこによるものづくりユニット。
2005年の7月1日、入籍と同時に結成。
「たのしいことだけやっていくとか 自分のリズムで生きるとかやってみたら意外とできちゃったりして」をテーマに自由に朗らかに全国を巡業中。

かわいいけどすこし様子がおかしい作風で、布・革・紙・木・竹などを素材に、Tシャツ・てぬぐい・絵本・カトラリー・ぬいぐるみ・財布・服・CDなどなど、いつもそのとき欲しいものをつくり続けている。
イラストレーターとしてもちょっとした腕前の正也の絵を素材に、ライブイベントやマルシェのフライヤー、CDジャケットなどのデザインもこなす。

「ネコ肉屋通信」というミニコミをものづくりの原点に持つゆみこ編集長による発行物もライフワーク的に継続中。小さな詩集のようなもの「本ねるこ」や、家族新聞「紙ねるこ」で、全国に点在する一部熱狂的ファンにむけ、不定期に一方的に近況を報告し続ける。

いつの間にか長女しま・長男じんたもメンバーに加わり、気まぐれに音楽活動もスタート。子育て系ロックという独自のジャンルを勝手に牽引している。

 nelcoのテーマ

  • たのしいことだけやっていくとか 自分のリズムで生きるとかやってみたら意外とできちゃったりして。
  • 眠くなったら寝る。おなかがすいたら食え!
    どんなに寝ても寝すぎということはない(起きてからがんばる)。
  • 今夜 隕石が落ちても後悔しない。
(2019年2月より、一部のテーマは実験終了しました)

〜神奈川県から九州へやってきてからのいきさつ〜
2011年
震災の後、「ポップな都落ち」を目指して神奈川の借家を引き払い、新政府内閣総理大臣・坂口恭平氏との出会いをきっかけに、何の縁もなかった熊本県に移住を果たす。
2012年
南関町に雑貨屋の皮をかぶったおかしな店「しそにぬ」をオープン。ほとんど自分達のコーヒーを淹れるために開けているようなゆるやかな営業形態を保ちつつも、全国の実力派・個性派ミュージシャンが集まる隠れたライブスポットとして勝手に盛り上がる。(2014年惜しまれつつ閉店)
2013年
南関町ホテルセキア屋外ステージにて、「NANKAN ROCK FESTIVAL はるかぜ 2013」を企画。
2014年
荒尾市に移住し自家農園を持つキッズカフェ「cafe Arbaro」の立ち上げメンバーに加わる。(すでに引退)
2015年
nelco 10周年。7月1日の記念日目前、大分県別府市に移住。
2016年
8月、マーガレットズロース20周年の記念アルバム「まったく最高の日だった」を発表。
2017年
9月、平井正也BAND 1st アルバム「届く光」を発表。
2018年
9月、平井正也、ミニアルバム「できるだけ触れないようにして精一杯きみを思ってる」を発表。
10月、自宅での写真展示(原久路 and 林ナツミ 撮影「平井家の入れ子の記憶」モデル 平井しま、撮影場所 平井邸)と
引っ越し、平井家初の音の出せないマンション暮らしに突入。
◎主な過去のnelco作品展
「まるやでねるこ」(絵と布雑貨)2005年 香川県・直島 カフェまるやにて
「nelco Tシャツ・てぬぐい展」2008年 長野県・ナノグラフィカにて
「LIFE」(絵本・ぬいぐるみ・家族合作コラージュなど)2008年 奈良県 天然酵母パン 樸木 にて
「nelco 手作り雑貨展」2008年 東京・深川いっぷく 調剤室ギャラリーにて
「おかえりなさい」(絵・絵本・木のカトラリー・ぬいぐるみ)2011年 名古屋 モノコトにて

HOME